水回りリフォームの

水回り
リフォーム相場
content7

  • 大阪でお風呂リフォーム/浴室リフォーム
  • キッチンリフォーム 大阪
  • トイレリフォーム・洗面所リフォーム

Content 7水まわりリフォームは、相場を知ってお得に行おう!

水まわりリフォームは、快適性や衛生面を保つために欠かせない場所であり、劣化やトラブルが起こることもあるため、リフォームが必要です。しかし、費用がかかるため、お得にリフォームするには相場を調べることが大切です。特に大阪市にお住まいの方は、地域の特性に合わせたリフォームが求められますので、相場を把握することがより重要になってきます。

水まわりリフォームには、3点セットや3点パックといったオプションがあり、補助金制度も活用できるため、ポイントを押さえてリフォームを進めましょう。今回はそんな水まわりリフォームをするときに押さえておきたいポイントをご紹介させていただきます!

水まわりリフォームとは

水まわりリフォームとは

水まわりリフォームとは、キッチンやトイレ、浴室など、家庭内で水を使用する場所の設備や機器を改装・更新することを指します。
年月が経過すると、水漏れやカビ、詰まりなどのトラブルが発生しやすくなるため、そのような状況に陥った場合や、快適性や衛生面を向上させたい場合には、リフォームを検討することが重要です。

リフォームには費用がかかりますが、効果的に行うことで、快適で清潔な水まわり環境を維持することができます。
また、補助金や助成金制度などの制度を活用することで、より経済的にリフォームを行うこともできます。

水まわりリフォームの
メリット

水まわりリフォームのメリット

水まわりリフォームのメリットについてご紹介します。水まわりは、日常生活に欠かせない場所であり、清潔で快適な環境を維持することが重要です。しかし、年月が経過すると、劣化やトラブルが発生することがあります。

そのため、水まわりのリフォームを行うことで、以下のようなメリットが得られます。

Merit1快適性の向上

リフォームによって、水まわりの設備や機器を新しくすることで、使用感が改善されます。特に、浴室やトイレのリフォームでは、快適な環境を実現することができます。

Merit2衛生面の向上

水まわりはカビや雑菌などが繁殖しやすく、衛生的な状態を保つことが難しい場所でもあります。リフォームによって、衛生的な設備や機器に更新することで、清潔な環境を保つことができます。

Merit3安全性の向上

水まわりには、水漏れや火災の危険があるため、リフォームによって、安全性を高めることができます。例えば、キッチンのリフォームでは、火災を防ぐための設備や機器が取り入れられることがあります。

Merit4住宅の価値向上

水まわりの設備や機器が古くなると、住宅の価値も下がってしまいます。

逆に、リフォームによって、水まわりを改装・更新することで、住宅の価値を向上させることができます。

Merit5経済的効果

水まわりの設備や機器が古くなると、故障やトラブルが発生しやすくなり、修理費用がかかってしまいます。また、新しい設備や機器に更新することで、省エネや節水効果が得られ、経済的な効果を得ることができます。

リフォームには初期費用がかかりますが、効果的に行うことで、長期的に見てもコスト削減に繋がります。

キッチン・トイレ・浴室各リフォームのポイント

  • Point!キッチンのリフォーム

    キッチンのリフォームポイントはいくつかあります。まず、収納スペースや作業スペースの確保が大切です。

    キッチンで使う調理器具や食器などを収納できるスペースを確保し、作業スペースを広く取ることで、快適な調理環境を実現できます。

    また、調理や洗い物の時に水が飛び散ることを考慮して、壁や床の素材や設計も重要です。水や汚れがつきにくく、掃除がしやすい素材や、飛び散った水を吸い取るための排水溝の設置などがポイントになります。

    さらに、キッチンの雰囲気を変えたい場合は、キッチンの色や素材、照明などを変えることで、新しい雰囲気を実現できます。

    また、省エネ性や快適性を向上させるために、調理器具や水栓などを新しくすることも有効です。これらのポイントを押さえて、キッチンのリフォームをすることで、より快適なキッチン環境を手に入れることができます。

  • Point!トイレのリフォーム

    トイレのリフォームポイントはいくつかあります。まず、清潔感を保つために、便器やタンクなどの交換や、床や壁のタイル張りなどがポイントになります。

    トイレの形状や配置が不便な場合は、リフォームによって改善することができます。

    さらに、省エネ性や節水性を考慮した便器や水栓の取り付けも重要です。最近は、ウォシュレット機能や暖房機能がついた便器が人気で、快適なトイレタイムを過ごすことができます。

    また、トイレの照明や換気扇の取り付けも快適性を高めるために重要です。特に、換気扇は湿気を取り除き、カビやニオイの発生を防ぐために必要不可欠です。

    これらのポイントを押さえて、トイレのリフォームをすることで、より清潔で快適なトイレ環境を手に入れることができます。

    老後のために手すりや便座の高さを変えるなどのバリアフリー化の改修も考慮すると良いでしょう。

  • Point!浴室のリフォーム(お風呂リフォーム)

    浴室のリフォームポイントはいくつかあります。まず、湿気や水の流れを考慮した防水性の高い素材や床材が必要です。浴室は水まわりの中でも特に水が多く使われる場所であり、しっかりとした防水対策ができて、さらに床材は滑りにくく、水を吸わない素材を選ぶことが大切です。

    次に、浴槽やシャワーの位置や形状、水栓の取り付け位置なども快適な使用感を実現する上で重要なポイントとなります。浴槽の形状は、人数や身長、好みに合わせて選ぶことができます。

    また、シャワーの位置や形状も、使い勝手を考えて設置することが大切です。さらに、水栓の取り付け位置も、使いやすさを考えて適切な位置に設置することが必要です。

    その他にも、浴室の換気や照明も快適な使用感を実現する上で重要なポイントとなります。換気によって湿気を取り除き、カビや汚れの発生を防止することができます。

    照明によって、明るく快適な浴室環境を作り出すことができます。これらのポイントを押さえて、浴室のリフォームをすることで、快適で機能的な浴室環境を手に入れることができます。

相場を知ってお得に
リフォームする方法

相場を知ってお得にリフォームする方法

リフォームは、住まいを快適にするために必要なものですが、費用がかかることも事実です。しかし、相場を知って計画的にリフォームを進めることで、よりお得にリフォームをすることができます。

ここからはお得にリフォームをする方法について紹介します。

複数の業者から見積もりを取る

複数の業者から見積もりを取ることで、相場を知ることができます。業者によっては、同じ工事でも価格が大きく異なる場合があります。そのため、複数の業者から見積もりを取ることで、相場を把握することができます。

また、見積もりの内容を比較することで、価格や品質などを比較することができます。業者によって提供されるサービスや品質も異なりますので、しっかりと比較するようにしましょう。

特に、工事の品質に関しては、後々まで影響が残ることもありますので、十分な注意が必要です。

また、相見積もりをとることで価格や品質だけでなく、工期も比較することができます。工期が長くなると、生活の不便が生じるだけでなく、工事期間中にかかる費用も増えてしまいます。

これらの情報を踏まえて、最適な業者を選ぶことで、よりお得にリフォームを進めることができます。

リフォームの内容を絞る

リフォームを行う際には、内容を絞ることで費用を抑えることができます。必要な工事だけを行うことで、無駄な費用を省くことができます。また、必要な工事の優先順位を決めることも大切です。必要な工事を先に行い、後回しにできる工事は後回しにすることで、費用を抑えることができます。

具体的には、リフォームの内容を決める際には、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  • 目的を明確にする

    まずは、リフォームの目的を明確にすることが大切です。どのような問題を解決したいのか、どのような改善をしたいのかを明確にしておくことで、必要な工事を絞ることができます。

  • 必要な工事を洗い出す

    次に、必要な工事を洗い出しましょう。必要な工事だけを行うことで、無駄な費用を省くことができます。

    また、必要な工事の優先順位を決めることも大切です。必要な工事を先に行い、後回しにできる工事は後回しにすることで、費用を抑えることができます。

  • 無駄な工事を省く

    必要な工事だけを行うことで、無駄な費用を省くことができます。無駄な工事を行うことは、余計な費用がかかるだけでなく、後々まで影響が残ることもありますので、必要な工事だけに絞ることが重要です。

以上のように、リフォームの内容を絞りながら必要な工事だけを行うことで、お得にリフォームすることができます。

DIYでできる部分は自分で行う

リフォームの中で、DIYでできる部分があれば自分で行うことで、費用を抑えることができます。ただし、DIYにはリスクも伴います。DIYによって建物や設備に損傷を与えてしまうと、修復にかかる費用がかさむ場合があります。

そのため、DIYに取り組む前に、自分自身でできる範囲を明確にし、専門家のアドバイスや協力を得ることが重要です。

中古品やリサイクル品を利用する

中古品やリサイクル品を利用することで、費用を抑えることができます。

ただし、中古品やリサイクル品を利用する場合は、品質や保証などに注意するようにしましょう。

大阪市の特徴と
水まわりリフォーム

大阪市の特徴と水まわりリフォーム

大阪市の住宅は、古い建物が多いため、水まわりの設備や配管が古くなっている場合があります。

また、大阪市の夏は蒸し暑く、冬は寒いという気候条件から、断熱性能の向上や浴室の換気など、快適な住環境を保つためのリフォームが必要になります。

大阪市で水回りのリフォームをするなら、事前に複数の業者から見積もりを取り、価格や品質・工期などを比較することで、お得なリフォームを実現することができます。

3点セット・3点パックとは

3点セットや3点パックとは、トイレ、洗面台、浴室など、水まわりの設備をまとめて販売する商品のことを指します。一般的には、トイレ、洗面台、浴室がまとめてセットになったものを指し、セット内容はメーカーや販売店によって異なります。

3点セットや3点パックをまとめて販売することで、個別に購入するよりも安価に購入できるというメリットがあります。

また、セット内容によっては、同じブランドの設備を組み合わせた場合よりも、デザインや機能がまとまっているため、調和のとれた空間を作ることができます。

3点セットや3点パックを選ぶ場合は、自分の希望する設備が含まれているか、セット内容に付属しているものやオプションが自分のニーズに合っているかなど、しっかりと確認するようにしましょう。

3点セットや3点パックの費用相場

3点セット・3点パックの費用相場は、セット内容やブランド、設置工事費用などによって異なりますが、一般的には以下のような価格帯となっています。

  • トイレ、洗面台、浴室の3点セット:30万円~100万円程度
  • トイレ、洗面台、ユニットバスの3点セット:50万円~150万円程度
  • トイレ、洗面台、システムバスの3点パック:60万円~200万円程度

ただし、これらはあくまでも一般的な相場であり、セット内容やブランド、設置工事費用などによって大幅に変動することがあります。販売店や業者によっても価格が異なるため、複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。

また、3点セットや3点パックには、設置工事費用が含まれていない場合があるため、設置工事費用を含めたトータルコストを比較することが重要です。

リフォーム補助金制度の
活用方法

補助金制度の活用方法

3点セットや3点パックのリフォームにも、各自治体や国が設けている補助金制度を活用することができます。例えば、住宅エコポイント制度や、環境省の省エネリフォーム支援事業などがあります。

これらの補助金制度は、エコなリフォームや省エネなリフォームに対して、補助金を出してくれるものです。

例えば3点セットや3点パックのリフォームは、エコな住宅になることが期待されるため、補助金の対象になる場合があります。

ただし、補助金制度によって異なるため、事前に自治体や国のホームページで確認することが必要です。

また、補助金制度を活用するためには、申請手続きや条件をクリアする必要があります。

補助金を受け取るための条件や申請方法についても自治体や国のホームページで確認するか、関係機関に問い合わせることが必要です。

住宅エコポイント制度

住宅エコポイント制度とは?

住宅エコポイント制度とは、省エネや環境に配慮した住宅の新築やリフォームを促進するために、国が実施する補助金制度の一つです。

この制度は、住宅の省エネ化やCO2削減に貢献する商品や工事に対して、ポイントを付与し、それを貯めることで補助金を受け取ることができます。

ポイントの貯め方は、住宅エコポイント制度に対応する省エネ住宅に関する商品を購入した場合、または省エネリフォームを行った場合に、その商品や工事に応じたポイントが付与されます。

住宅エコポイント制度には、新築住宅向けのポイント制度とリフォーム向けのポイント制度があるので、リフォームをする際にも利用することができます。

住宅エコポイント制度は国が定める期間内に行う必要があり、ポイント数によって補助金の額が異なるため、詳細な条件や申請方法については、自治体や国のホームページで確認するか、関係機関に問い合わせてみましょう。

省エネリフォーム支援事業とは?

省エネリフォーム支援事業とは、住宅の省エネルギー化に対する補助金や融資などの支援制度のことを指します。国や自治体が行っており、住宅の省エネルギー化に取り組むことで、二酸化炭素の排出削減やエネルギーの節約を促進することが目的とされています。

具体的には、断熱改修、高効率給湯器やエアコンの設置、太陽光発電システムの導入など、住宅のエネルギー効率を改善するためのリフォームに対して、補助金や低利融資などの支援が行われます。

また、支援の対象となる住宅やリフォーム内容には、それぞれ条件が設けられている場合があります。省エネリフォーム支援事業には、国のエコキュート補助金や住宅ローン減税、地方自治体のエコポイント制度など、様々な制度があります。

これらの制度を活用することで、省エネリフォームをより手軽に行うことができるようになります。

水回りリフォームを検討中なら!各種メーカーの特徴

水まわりリフォームを検討する場合、各メーカーの特徴を知ることが重要です。ここからは、水回りリフォームの代表的なメーカーの特徴を紹介します。

TOTOの水回りリフォーム

TOTOの水回り製品の中で最も決定的な特徴は、先進的なウォシュレット(温水洗浄便座)の搭載です。他のメーカーと比較しても、TOTOのウォシュレットは高いパフォーマンスと快適さを提供しています。

TOTOのウォシュレットは、トイレに設置された温水洗浄機能で、お湯を利用して洗浄できたり、乾燥機能、自動開閉やセンサー機能、節水機能などのさまざまな高機能を備えています。

特に、TOTOのウォシュレットは優れたクリーン効果と使いやすさが特徴です。洗浄力の高いノズルや、パーソナライズされた設定機能、快適なシート加熱機能など、ユーザーの快適性を追求した設計がされています。

他の水回り製品においても、TOTOは高品質な製品を提供しています。例えば、洗面化粧台やキッチンシンクなどでも、耐久性と使い勝手に優れた製品を展開しています。

リクシルの水回りリフォーム

LIXIL(リクシル)は、住宅設備メーカーとして、キッチン、バスルーム、トイレ、洗面所など、水まわりに関する製品を幅広く取り扱っています。

LIXILの水回り製品の中で最も決定的な特徴は、高い耐久性と信頼性です。LIXILは、長年にわたり水回り製品の分野で確かな品質と耐久性を追求してきました。

LIXILの水回り製品は、堅牢な素材や頑丈な構造によって作られており、日常の使用に耐えるために設計おり、厳格な品質管理のもとで製造されているため、高い品質と信頼性が保証されています。

安心して使用できることはもちろん、長期間にわたってメンテナンスや修理の必要性が少ないという利点もあります。

パナソニックの水回りリフォーム

パナソニックは、家電製品から住宅設備まで幅広い製品を手がけるメーカーです。水まわりリフォームにおいても、多彩な製品を提供しています。

パナソニックの水回り製品の中で最も決定的な特徴は、エコ性能の高さです。パナソニックは、環境に配慮した製品開発を重視しており、その中でも水回り製品においてはエコ性能の向上に力を入れています。

例えば、パナソニックのトイレでは少量の水で効果的な洗浄を実現しています。

また、エネルギー効率の高いウォシュレットやシャワーヘッドなども展開しており、省エネ性に優れた製品が揃っています。さらに、パナソニックの水回り製品は、リサイクル素材の活用や廃棄物の削減など、循環型社会の実現に貢献する取り組みも行っています。

これらのエコ性能の高さが、パナソニックの水回り製品の決定的な特徴となっています。

SHARPの水回りリフォーム

SHARPは、家電メーカーでありながら、トイレやシャワールームなどの水まわり商品も展開しています。SHARPの水回り製品の中で最も決定的な特徴は、プラズマクラスター技術の採用です。

プラズマクラスター技術は、SHARPが開発した空気清浄技術であり、水回り製品にも活用されています。この技術は、空気中のウイルスや菌、カビなどの微小な有害物質を分解・除去することができます。また、ニオイの原因となる成分も分解し、空気を清潔な状態に保つことができます。

SHARPの水回り製品には、洗濯機や食器洗い乾燥機、浄水器などがありますが、どの製品においてもプラズマクラスター技術が利用されています。

これにより、衣類や食器の洗浄時にも微細な汚れや臭いを除去し、清潔な状態を保つことができます。

まとめ

水まわりリフォームをする際には、まずは自分たちの希望や予算に合わせて、具体的なイメージを持つことが大切です。

大阪市でのリフォームは、補助金制度を利用することで、費用を抑えることができます。そのためにも、各種補助金制度についても事前に調べておきましょう。

リフォームの中でも、水まわりリフォームは特に費用が高くなりがちですが、3点セットや3点パックを利用することで、費用を抑えることができますよ。

また、各メーカーの特徴も把握しておくと、自分たちに合った商品を選ぶことができます。

是非、相場や補助金制度などを参考にして、お得なリフォームを実現してください。

一覧に戻る水回りリフォームに役立つ情報